ロリポップからMixhostにWordPressをプラグインを使わずに移転する方法!


こんにちは!Kです。

今日は僕が使っているワードプレスを

ロリポップからMixhostに移転する方法

ざっくりと書きたいと思います。

 

プラグインを使って移転する方法も

あるのですが容量の制限等があり

使えなかったので

手動で移転をしました。

 

この記事のポイント
●簡単にワードプレスの移行が出来るのか?
●具体的にどれくらい時間が掛かったのか?
●個人的につまづいた所は?

 

必要なファイル等

まずワードプレスの移行に必要なのが

「ワードプレスのファイル」と

「データベースのバックアップ」

上記の2点が必要になります。

 

移転元のロリポップからバックアップを取得

移転したいワードプレスのファイルを

FTPソフトを使ってまるまる

ダウンロードしましょう。

 

次にロリポップのコントロールパネルに

ログインしてデータベースの

バックアップをダウンロードします。

ログイン後に移行するワードプレスの

使っているデータベースのphpMyAdminに

ログインします。

どのデータベースかわからない場合は

先ほどダウンロードしたファイルの中にある

wp-config.phpをテキストエディターで

開くと下記の表示が出てきますので

 

/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘この部分‘);

 

上記のこの部分を参考にしてみてください。

 

phpMyAdminにログインしたら

左のタブからデータベース名が

同じ部分をクリックして中央にある

エクスポートをクリックします。

 

そうするとエクスポートの指定ができますので

エクスポート方法という部分を簡易から詳細に

変更します。

次に出力するデータベースの

項目を全て選択します。

 

最後にファイルの形式を

ZIP形式に指定してください。

 

そうしたら一番下のボタンを

クリックしてダウンロードします。

 

以上で必要なファイルや

データベースは全て揃いました。

 

移転先のMixhostでの設定

それでは続いてMixhostの

コントロールパネルにログインします。

 

ログインしましたらまずは

アドオンドメインでサーバ上に

フォルダーを作成します。

 

続いてMixhost上で新規に

データベースを作成します。

 

cPanlから MySQL® データベース

ウィザードを選択します。

 

データベース名とユーザー名と

パスワードを任意の文字に

設定して全ての権限を

設定して作成しましょう。

 

ちなみにデータベース名や

ユーザー名はロリポップと

同じ名前でなくてかまいません。

 

データベースのインポート

そうしましたら次はロリポップで

データベースをダウンロードした

逆の手順でMixhostのphpMyAdminに

ログインしてロリポップで

ダウンロードしたデータベースを

インポートしましょう。

 

 

ファイルを選択して実行をすると

全てのデータベースが

インポートされます。

 

ファイルのアップロード

最後にロリポップにて

ダウンロードしたワードプレスの

ファイルを開いてwp-config.phpを

編集します。

 

/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘データベース名’);

/** MySQL のユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘ユーザー名’);

/** MySQL のパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘パスワード’);

/** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

 

各情報を先ほどMixhostで

作成したデータベースの

データベース名とユーザー名と

パスワードを入力して

ホスト名をlocalhostに書き換えて

上書きしましょう。

 

上書きが完了しましたら

FTPツールでMixhostに

接続してフォルダの中身を

全てアップーロードします。

 

またロリポップからMixhostに

ワードプレスを移行する

際に注意したいのが

.htaccessの設定です。

 

この.htaccessの編集をして

おかないと404エラーとなりますので

必ず編集しておきましょう。

 

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

 

ネームサーバの変更

最後にドメインのネームサーバを

下記のように設定して完了です。

ネームサーバー1 ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2 ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3 ns3.mixhost.jp

僕がつまづいた部分

 

まずMixhostにて新規データベースを

作成する際に権限の部分にチェックを

入れないまま作成して進めてしまったので

データベースの接続エラーとなって

再度権限を全てチェックを入れて

データベースをインポートし直した

初歩的な部分につまづいてしまいました。

 

SSLの対応

ちなみにMixhostのSSLは

ネームサーバの変更後に

自動的に対応されますが

万が一このサイトへの接続は

完全には保護されていません

という表示が出た場合は

「Really Simple SSL」という

プラグインを導入するだけで

回避できました。

 

サーバの移転に掛かった時間

 

今回サーバの移転に掛かった

時間は作業自体が1時間弱の

時間がかかりました。

 

FTPでダウンロードして

アップロードする時間が

大半でそれ以外はスムーズに

できました。

 

またネームサーバーの

反映についてはおおよそ

3時間で浸透したみたいです。

 

ファイルのアップロードや

ダウンロードについては

サイトの規模によって

異なると思いますが

参考になれば幸いです。

 

ご静聴ありがとうございました。

 
 

mixhostの評価

mixhost

お勧めポイント!
サポートの対応がとても早いのはビックリしました。夜の11時過ぎに問い合わせをしたところ1時間以内に返事がきたのは驚きです。他社のサポートと比べてもとても親切で◎です。

 

評価項目 評価(5段階)
使いやすさ ★★★★★
表示速度 ★★★★☆
サポート体制 ★★★★★
エコノミー スタンダード プレミアム ビジネス
容量 SSD 10GB 容量 SSD 20GB 容量 SSD 40GB 容量 SSD 60GB
初期費用 無料 初期費用 無料 初期費用 無料 初期費用 無料
480円(月額) 980円(月額) 1,980円(月額) 3,980円(月額)
5,760円(年間) 11,760円(年間) 23,760円(年間) 47,760円(年間)
お試し期間30日 お試し期間30日 お試し期間30日 お試し期間30日

▼クレカ不要で即30日お試し可能▼

cvr

Mixhostを実際に使ったレビューはこちら

 


この記事が参考になったらシェアしていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ